介護付有料老人ホームでは他のサービスには制約がある

介護付有料老人ホームでは、他の介護保険サービスの利用には制限があります。

たとえば訪問介護つまりヘルパーステーションの利用は出来ません。

すでに介護付有料老人ホームにヘルパーさんがいて、介護サービスの提供を受けているからです。
介護付有料老人ホームでは、中には使用できるものもありますがそれぞれ事細かく決められているため、事業所に尋ねてみることも有効でしょう。

介護付有料老人ホームでは色々なタイプがあって、外部からサービス事業者に来てもらってサービス提供を受けるものもあれば、この施設内で全て完結するケースもあるなどいろいろです。


したがって、利用できるかどうかは事業所に尋ねなければなりません。



入居前に確認したりあるいはパンフレットなどにもいろいろと記載がなされています。



このパンフレットなどにしっかりと目を通した上で、不明な点はしっかりと聞いたりしてその上で入居の是非の判断をするべきでしょう。

施設内ではたとえば福祉用具の購入や持ち込みを許可していたりあるいは繁多に許可をしていない場合もあり、色々となっています。特殊寝台については、事前に購入済みの場合はそれを持ち込んでもいいとしている場合もあれば、反対に不可とするケースもあるなどまちまちであり、不安な場合は入居前に聞いてみるしかありません。

レンタルについては要介護1の場合は原則としてそもそも介護保険法の適用が受けられないなどの問題も抱えるなど、難しいため確認が必要になってくるわけです。